専門医によるリウマチ治療最新情報

関節リウマチの初期症状

東京リウマチクリニック院長 天本 藤緒

もっとも典型的なものは、
朝のこわばり、関節の腫れ・痛み

特に手の指の第2・第3関節、手首・足首、足の指の腫れがあれば、それも1カ所だけでなく2カ所以上あれば、関節リウマチの可能性がかなり高いといえます。

ただし、これらの典型的な所見以外にも、痛いところが移動する、しびれる、重だるい、 膝に水がたまるのを繰り返すなど、いろいろなタイプの症状の現れ方があるので、注意が必要です。

また多くの関節が腫れて、CRPなど血液の数字が大きく上昇するような、典型的リウマチだけでそれ以外の関節炎はリウマチではないと理解され、「 血液の数字がこんなに低いのに、そんなに痛いわけがない。」などと言われてしまい、痛みもとってもらえないケースもよくみられます。

次の質問は、
関節リウマチの発症予防 初期症状のうちに・・・

前に質問は、
関節リウマチはほんとうに治るのか?

専門医によるリウマチ治療最新情報 トップに戻る

上に戻る